料理とワイン、チーズの教室 LA CUCINA VERDE(横浜市都筑区)

LA CUCINA VERDE(クチーナ・ヴェルデ)について こちらをクリック

# by ciaomidori | 2019-05-12 07:00 | 教室 コンセプト

熊本レッスンレポ「男子厨房に入る」の巻

先日の熊本滞在で、お料理レッスンを2回させていただきました。

毎回させていただいてるレッスンと、
今回はもうひとつ、熊本市内中心部にあるピエス・コートでも。
修復中の熊本城近くです。

こちらのレッスンは7名さまご参加で、そのうち男性がお二人。
ふだん料理はあまりされないとのことで、
緊張されてるとのことだったようですが、その緊張も最初だけ 笑。

せっかくだから男子厨房に入ってがんばってもらいましょうってことで。
皆さま、気心知れたお仲間で和気あいあい。


こちらのワインスクール「ピエス・コート」、お教室は1階にあります。
ゆったりとしたサロンで、ワイン初心者さまからワイン通まで、
どなたさまにもぴったりな、いろんなコースがあります。

ワインって難しい?
ワインは確かに複雑な部分もあります。
ただ、ちょっと知るとほんとにおもしろい、
魅力的で虜になる飲みものなんです。
熊本でワインを学びたいなーって思ったら、
ピエス・コートに気軽にお問い合わせください。


話を戻しまーす。

GWの熊本はもう、初夏です。
ピエス・コートではこれからの季節、
テーブルを外に出して白川を眺めながらパーティーができます。
もちろんこの日も。
e0017028_16093756.jpg



ズッキーニのグラタン
こちらは横浜のお教室の、今月のレッスンメニューです。
e0017028_16103155.jpg



イカのガレット、プチトマトのコンフィ添え
e0017028_16111724.jpg



あとこちら、メイン料理の 鶏肉のブレゼ、ジャルディニエール風 はなんと、
そのほとんど料理をされない男性が作ってくださったんですよ。
あ、みんなで協力しましたが。
e0017028_16114703.jpg

でもでも、この美しい盛り付け、カフェ みたい!
てか レストラン みたい!!

男子厨房に入るってすごーい。

メイン料理も今月のレッスンメニューです。


熊本の皆さま、ご参加いただきましてありがとうございました。



◆◆◆ お料理のレッスンの日程、メニューなどの詳細を公開してます ◆◆◆



こちらからもお申込みできます
5月レッスン → こちらをクイック
6月レッスン → こちらをクイック


# by ciaomidori | 2018-05-15 16:24 | 教室のこと | Comments(0)

心温まる、とてもすてきな披露宴でした@熊本

世の中の皆さまは、どんなGWをお過ごしなのかな。
今日から始まる後半は横浜でのんびり過ごすとして、
前半の4/27から5/1、熊本に行ってきました。

お友だちのお嬢さまの結婚披露宴パーティに嬉しいお呼ばれ、
もうひとりのお友だちとおめかしして行ってきました。

幸せの、おすそ分けですよね。

っていうか新郎さま初めてお目にかかったのですが、

んまー男前!

最近の若者はみんな美しいけど、
特級の美男美女カップルでした。
おめでとうございます。

かなちゃん、お幸せにね。
ママとレオのことはわたしたちに任せて。


熊本に行ったらおとなしくしてないよー。

ポムドテールでお食事でしょー、

一口城主 としては 熊本城チェック は欠かせないよー、

お料理レッスン2回
お忙しい中お越しいただき、本当にありがとうございました。

そのお客さまと引き合わせてくださる 健軍神社の神様にご挨拶 でしょー、

熊本ラーメン 食べなきゃでしょー、

なんと ラジオに出演 しちゃったよ!


近いうちに勝手にアップさせてください。


GW後半は主婦します、ハイ。


花嫁のかなこちゃんの承諾を頂いてお写真。
Yusuke & Kanako ブラックサンダー!

もったいなくて、食べられないわー。

e0017028_13240662.jpeg




◆◆◆ お料理のレッスンの日程、メニューなどの詳細を公開してます ◆◆◆



こちらからもお申込みできます。
5月レッスン → こちらをクイック
6月レッスン → こちらをクイック

# by ciaomidori | 2018-05-03 14:00 | 旅行記 | Comments(0)

6月レッスンのご案内(イタリア料理)

イタリア料理の基本は郷土料理。
南北に細長い地形がもたらす変化に富んだ気候と地域性で、
いろんな地方でさまざまな料理が生まれました。
心温まるイタリアの家庭料理を作ってみませんか?
e0017028_21290635.jpg


夏野菜のオーブン焼き
野菜を切ったら、あとはオーブンにおまかせ。
こんなに簡単なのに彩り豊かでおいしいという優れもの。
オーブンで焼いてる間は他のことができちゃう嬉しいレシピです。

クルルジョネス
サルデーニャ島を代表する、
麦の穂のような網目模様が美しいポテトのラビオリです。
ミントが隠し味。
イタリアのマンマのように、おしゃべりしながら作りましょう。

マイアーレ・トンナート
ピエモンテ州の伝統料理です。
豚肉をツナのソースでいただきます。
え?お肉とお魚?不思議な組み合わせですが、
とてもおいしくてやみつきになりますよ。
ソースは鶏肉、茹で野菜などにも使えます。

ボッコノッティ
南イタリアのいろいろな地域で作られている郷土菓子です。
ビスケットの中に、
ジャムやカスタードクリーム、ヌテッラなどなどたっぷり詰まってます。
ご紹介するカラブリア州のボッコノッティは、伝統的にさくらんぼジャムが入ってるんですよ。

レッスン料は、5000円です。
6/12火、13水、23土、26火、27水


今月料理レッスンメニューから、
気軽にさくっと、クルルジョネス
メイン料理のマイアーレ・トンナートを作ります。
少し早めに、13:30ごろ終わります。

レッスン料は、3000円です。
6/18月、19火


日程の確認、お申し込みはこちらから。


こちらからもお申込みできます。→ こちらをクリック


◆◆◆ 5月のレッスンの日程、メニューなどの詳細を公開してます ◆◆◆



こちらからもお申込みできます。
5月レッスン → こちらをクイック


# by ciaomidori | 2018-04-24 22:01 | 教室 レッスンのご案内 | Comments(0)

自家製アンチョビの季節です【仕上げ編】

2月に仕込んで、冷蔵庫で熟成させてたイワシ。
e0017028_19400808.jpg

冷蔵庫を開けるたびに目について、
冷蔵庫ぱんぱんのときは、あーんイワシじゃま・・・って、
そんなイワシたち。

おまたせー。

e0017028_19402916.jpg

この水分、実はエスニック料理に使うナンプラーです。
e0017028_19403805.jpg



さて、仕上げ編に入りますよー。

イワシを流水でさっと流して
塩水(海水くらい、1リットルにつき35gの塩)の中でやさしくに洗います。

ヒレやウロコが残ってたら取り除いて。
取り除く最後のチャンスです。

ざるにイワシを入れて水分を取って、
さらにキッチンペーパーで抑えて水分をしっかりふき取ります。

e0017028_19405881.jpg

煮沸消毒した瓶にイワシを並べ入れます。
この作業はけっこう好き。

口の広い、ボンヌママンのジャム瓶がやりやすいです。
瓶に貼り付けるようにしながら入れていきます。

e0017028_19410963.jpg
雑菌が入らないように、新しい割りばしなどを使って。
気分的に、きれいなものは見えるところに。
最後は雑になるんだな、これが。

e0017028_19412237.jpg

がんばった。イワシもワタシも。

イワシが浸かるくらいオリーブオイルを注ぎます。
瓶を軽くとんとんするか、消毒した串を使って空気を抜きます。

e0017028_19413230.jpg


冷蔵庫で2週間以上ねかせたら使えます。
オリーブオイルが白く固まることがあるけど、
常温でしばらく置けばさらさらになります。

保存は1年。時間が経って熟成が進むほどおいしくなりますよ。
使うときは清潔なフォークで取り出すようにしてください。


◆◆◆ お料理のレッスンの日程、メニューなどの詳細を公開してます ◆◆◆



こちらからもお申込みできます。
4月レッスン → こちらをクイック
5月レッスン → こちらをクイック


# by ciaomidori | 2018-04-23 19:56 | 自家製レシピ | Comments(0)

武蔵小杉のワイン講座は満席です!

以前ご案内した武蔵小杉のワイン講座
おかげさまで 満席 です。わーい。
というか、定員20名に対し、42名の応募をいただきました。
ありがとうございます。
5月9日から始まります。
皆さまにお会いできること、今からとっても楽しみです。

4月11日から16日まで、新宿の伊勢丹でフランス展があったんですよ。
ワインの販売のお手伝いをさせていただきました。

すごい、新宿伊勢丹、めにめにぴーぽーです。
土日なんてもうね、歩けないの。
みんなフランスだーい好き。

これはそのフランス展に合わせて来日していた南仏ラングドックの

フランス語話せなくてもね、
三日間一緒にお仕事してるとなんとなーく分かり合える笑。

果実味が豊かでとってもエレガント。
タンニンがまろやかだから、これからの季節、
暑くなっても少し冷やしておいしくいただけるよ。

ラグー・ボロネーゼでいただきました。

e0017028_20394112.jpg



◆◆◆ お料理のレッスンの日程、メニューなどの詳細を公開してます ◆◆◆



こちらからもお申込みできます。
4月レッスン → こちらをクイック
5月レッスン → こちらをクイック


# by ciaomidori | 2018-04-21 21:05 | ワインのこと | Comments(0)

5月レッスンのご案内(フランス料理)

手に入りやすい材料でとっても簡単にできるのに、
がんばった感満載のフレンチ。
いつもの食卓がビストロに変わります。
おうちで何度も作りたくなる、そんなメニューをご紹介します。

e0017028_14161418.jpg



フランス料理(地方のおそうざい)

カマンベールチーズのパイ包み焼き
さくさくのパイの中からカマンベールチーズがとろーり。
とっても簡単なのにしっかりワインのお供。
アレンジも利くので、覚えておくと嬉しいメニューです。

ズッキーニのグラタン
これからの季節にぴったりの、
ベシャメルを使わない夏向けのグラタンをご紹介します。
下ごしらえまで済ませておけば、
「いただきます」の30分前にオーブンに入れるだけ。

鶏肉のブレゼ、ジャルディニエール風
「ブレゼ」とは「蒸し煮する調理法」のことです。
ブイヨンもコンソメも使わずに、素材からの旨味だけで十分おいしく仕上がります。
「ブレゼ」はビストロの定番料理です。

イル・フロッタント
「浮島」という意味で、
クレーム・アングレーズの海にメレンゲの島が浮いているように見えることから
この名がつきました。

レッスン料は、5000円です。
5/15火、16水、17木、29火、30水




今月料理レッスンメニューから、
気軽にさくっと、「ズッキーニのグラタン
メイン料理の鶏肉のブレゼ、ジャルディニエール風を作ります。
少し早めに、13:30ごろ終わります。

レッスン料は、3000円です。
5/21月、22火




日程の確認、お申し込みはこちらから。


こちらからもお申込みできます。→ こちらをクリック


◆◆◆ 4月のお料理のレッスンの日程、メニューなどの詳細を公開してます ◆◆◆


こちらからもお申込みできます。
4月レッスン こちらをクリック

# by ciaomidori | 2018-03-28 18:18 | 教室 レッスンのご案内 | Comments(0)

①ストウブ鍋のシーズニング方法と、②ふだんのお手入れ

うちのストウブ鍋を見たお客さまが

すごいきれい!新しいんですか?

これ、かれこれ3年は使ってます。
頻度も高いです。よーく使ってます。

お客さまは5年くらい、月に2、3度、カレーなどの煮込み料理に使うそうです。

ストウブ鍋でカレー、おいしいですよねー。

でもね、内側につやがなくて、白っぽくなってしまってるんですって。
なぜでしょう。

①ストウブ鍋を買ったらまず、

シーズニング ですよね。

油慣らしです。
確か箱の中に、シーズニングしてください、なんて紙が入ってたような。
ネットでもシーズニングやんややんやです。


シーズニング方法のおさらいとして

ぬるま湯で柔らかいスポンジを使って洗って、
布巾で水気を取って乾かします。

オイル(なんでもいいです、これはグレープシードオイル)を、
e0017028_17353651.jpg

刷毛などを使って鍋肌全体にオイルを塗って、
e0017028_17355146.jpg


弱火 ゆっくり 温めます。
うっすら、煙が出てるか出てないか、
5分くらいかかります。

そうすると、オイルがさらさら~ になってきます。

お鍋が冷えるまで放置。
30~40分はかかります。

余分なオイルをしっかり拭き取り ます。
e0017028_17361242.jpg



キッチンペーパーは使わない方がいいと思います。
ペーパーの繊維がお鍋に着くので。

わたしは古くなった綿シャツを15センチ四方に切ってそれを使いますが、
それはちょっとー、という方は
キッチンペーパーを丸めて、コーヒーフィルターにの中に入れて、
コーヒーフィルターを鍋肌にあてて拭き取るといいです。
コーヒーフィルターから繊維は出ないので。

ふちもしっかり。
蓋のふちは布についてるオイルでしっかりこすって。
e0017028_17371123.jpg

そうしたら買ったときについてるピンを付けて、蓋をして終わり。


②ふだんのお手入れ ー、

この、上の シーズニング作業を毎回 です。その都度 です。

ストウブ鍋を使ったら、スポンジで優しく洗って、
汚れが取れなくても、ごしごしやってはだめ です。

底から5センチ高さくらいまでお水を入れて、大さじ1~2の重曹を入れて、
かき混ぜながら沸騰寸前まで加熱します。
火を止めて、冷えてから洗います。

そしてシーズニング作業。

ま、毎回ですか・・・?

毎回ですよー(あっさり)。

黒くて、ぴかぴかの状態を保つことができます。

次に使うときは、そのまま使っても大丈夫ですが、
気になるようならぬるま湯で軽く洗ってください。


このシーズニング作業があるので、
ストウブ鍋で白米を炊くのを躊躇してしまうんですよね。
ふっくら、おいしく炊けるって聞きますけどね。



◆◆◆ お料理のレッスンの日程、メニューなどの詳細を公開してます ◆◆◆

こちらからもお申込みできます。
3レッスン こちらをクリック
4月レッスン こちらをクリック

# by ciaomidori | 2018-03-27 17:54 | キッチン道具 | Comments(0)

苺シロップ

今ごろになると、粒の小さい苺が出回ります。
苺ジャムにするとおいしいですよね。

ジャムより時間がかかるけど、苺シロップもおすすめです。

苺の重さ:お砂糖の重さ=1:1

交互に容器に入れて、冷蔵庫でお砂糖を溶かします。

それだけ。

e0017028_17075295.jpg

苺は、小さめで、赤いものが色がよく出ます。
へたを取って洗って、ひとつひとつ水分を拭いて・・・。

痛んでない、つやっつやで新鮮な苺を選んでください。
痛んでるものがあると、冷蔵庫でお砂糖溶かす間に腐ってしまうときがあります。


わたしはシロップを作るときはなんでも、氷砂糖を使います。
意味はありません。
氷砂糖が溶けてなくなっていくのを、見届けるのが好きだから。
上白糖、グラニュー糖などの白いお砂糖ならなんでもいいです。


かさが減ってくるから、振ったりして、
20日くらい経つとお砂糖が完全に溶けます。

e0017028_17080313.jpg

苺とシロップを分けて。

e0017028_17082463.jpg


しわしわ苺、ついついつまんじゃう。

粗めに切って、マフィンなどに入れるのもおすすめです。

e0017028_17095046.jpg


苺はこんなに小さく、フレッシュ苺と比べると1/3くらいの大きさになります。

e0017028_17084476.jpg

しわしわ苺にシロップをひたひたまで注いで
ブレンダーでピューレにするとジャムのようになります。
ジャムよりフレッシュ感満載です。

e0017028_17092286.jpg

火を入れてないので、一週間で食べきってください。


シロップは一度、沸騰寸前まで火を入れて、冷まします。

e0017028_17101414.jpg

そしたら2か月くらいは冷蔵できます。
すぐなくなっちゃうけどねー。


おすすめは炭酸水割りです。
お風呂あがりに最高!

e0017028_17103338.jpg

ミルクに入れると、
懐かしい、昭和っぽいかんじの苺ミルクになります。
これが一番好きかも。


まだ苺あるよね。
ぜひ作ってみてねー。



◆◆◆ お料理のレッスンの日程、メニューなどの詳細を公開してます ◆◆◆

こちらからもお申込みできます。
3レッスン こちらをクリック
4月レッスン こちらをクリック

# by ciaomidori | 2018-03-19 17:38 | 自家製レシピ | Comments(8)

最近我が家はリトル大阪、週末ランチはお好み焼き

パロマのお好み焼きミックス粉
ダイコクソースを送ってきてくれたよー。


お好み焼き大好き、キャベツの高いこの冬になぜがはまってしまったわ。

じゃーん。
e0017028_21385186.jpg


夫の知り合いの関西人ご家族の、ふつうに晩ごはんでお好み焼きっていうのが夫曰く

「ありえんわ」

だそうです。

「関西ではお好み焼きをオカズに、晩ごはんでいただくんじゃないの?」

って聞いてみたら

お好み焼きは昼飯。
土曜の昼飯。
富士宮焼きそばは土曜の昼飯だから食べるんであって、

晩ごはんに富士宮焼きそばって残念 だろ。

富士宮焼きそばディスられてる?


フライパンで作るよー。
直径20センチくらいがひっくり返しやすい。
表面はかりかり、中はふっくら。
e0017028_16245681.jpeg


「このお好み焼きブームはいつまで続くん?」

なにか次のブームが訪れるまで続く。
晩ごはんにお好み焼きだっていいくらいだよー。



◆◆◆ お料理のレッスンの日程、メニューなどの詳細を公開してます ◆◆◆

こちらからもお申込みできます。
3レッスン こちらをクリック
4月レッスン こちらをクリック

# by ciaomidori | 2018-03-04 20:05 | 料理その他ジャンル | Comments(0)


コルドン・ブルー出身の料理家であり、ワインのソムリエがお伝えする、イタリア、フランスの心温まる家庭料理と地方のおそうざい。


by なだ みどり

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

教室 コンセプト
教室 メニュー・スケジュール
教室 レッスン料・申込方法
教室 アクセス
教室 レッスンのご案内
教室のこと
イタリア料理
フランス料理
和食
料理その他ジャンル
お菓子・スイーツ
自家製レシピ
ワインのこと
チーズのこと
キッチン道具
アルトゥージの料理本
日々のこと
外食
旅行記
勉強のこと
健康のこと
いただきもの
横浜日記
静岡日記
熊本日記
東京日記
京都日記
ボローニャ日記
シエナ日記
イタリア留学準備

横浜市都筑区の教室です

◇ イタリア家庭料理
◇ フランス家庭料理
◇ ワイン教室
◇ チーズ教室
日程、メニューなどの詳細は
こちら↓です。
料理教室検索クスパ

記事ランキング

以前の記事

2019年 05月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...

タグ

(69)
(52)
(40)
(36)
(35)
(33)
(29)
(28)
(26)
(24)
(23)
(20)
(18)
(18)
(16)
(12)
(9)
(8)
(7)
(6)

最新のコメント

> Keikoさん わー..
by ciaomidori at 12:44
はい、ずっとカリフォルニ..
by Keiko at 11:14
> Keikoさん い..
by ciaomidori at 20:00
同量で作りました。今回は..
by Keiko at 22:45
同量でどうでした?お作り..
by ciaomidori at 17:25

検索

画像一覧

ブログジャンル

料理家

フォロー中のブログ

Mihoのイタリア料理教...

外部リンク